給湯器が寿命を迎えたら専門業者に依頼して交換しよう

女の人

しっかりとした手洗い

お湯

冷たい水では無理

毎年、寒い時期になると、ノロウィルスなどの食中毒が発生し、大量の患者が発生しているのが現状です。食品を扱っている会社では、食中毒防止のための対策を練っているものの、完全ではない実態があるのが現状です。しかし、こうした会社の中には、手洗い設備が不十分、もしくは手法が徹底されていないこともあり、まだまだ改善の余地が残されています。特に、手洗い設備が十分でない場合は、まずは、汚れを完全に落としてから殺菌、消毒を行う、という流れを確保することが先決です。設備上の問題として挙げられるのことの一つに、給湯器が設置しておらず、冷たい水しか出ない状態で手洗いを強要している場合があります。寒い地域では水の温度は非常に低く、10秒も洗っていれば感覚がなくなってくることさえあります。これでは、手洗い本来の目的を果たすことはできず、手洗いで一番重要な汚れの除去ができなくなります。そのためには、まずは給湯器を設置することが必要であり、適切な温度のお湯を供給できる体制を整える必要があります。給湯器を設置する場合には、ガスをエネルギー源としたものが最も一般的で、必要なお湯の供給量に合わせた機種を選定することが重要です。特に、複数人が一気に手洗いをする場合、必要な水の量が出てこなければ、結局きちんとした手洗いをすることはできません。また、給湯器を設置するときには、しっかり換気をできる場所に設置することが肝要で、これらの条件を満たした給湯器を選択する際には、専門業者と十分に打ち合わせをしておくことが、うまくいくコツと言えます。