給湯器が寿命を迎えたら専門業者に依頼して交換しよう

湯沸かし器

しっかりとした手洗い

冬場の食中毒対策としては、手洗いをしっかりと行うことが必要なことの一つです。間違いのない手洗いをするためには、バランスの取れた設備を確保することが重要であり、そのためには、給湯器は必需品と言えます。給湯器を設置する際には、必要な条件を満たすことができるよう、専門業者に相談することが大切です。

給湯器

新しい給湯設備を導入

仙台のお店では、新しいタイプのガス給湯器を取り扱っています。場合によっては、光熱費の節約にも繋がり、メリットの大きい設置工事が可能なお店です。色々なメーカーの製品を販売しているため、それぞれの家庭に合ったガス給湯器が選べます。

ASSOCIATED LINK

  • キンライサー

    給湯器を購入するなら、保証がしっかりとついているコチラで決まり。こちらで売れ筋ランキングをチェックしよう。
  • 給湯器交換ナビ

    給湯器の寿命を事前に調べておきたいと思うならこちらに問い合わせを行なってみるといいでしょう。詳細をチェック!
男性

給湯器の選び方

お風呂の時間は快適に過ごしたいものです。お風呂を利用するためには、「ガス給湯器」が必要です。ガス給湯器を選ぶ時には、給湯器のタイプと号数が重要です。そのため、どういったものがあるのかを知って購入をしましょう。

経年劣化による故障の対応

女性

経年劣化は10年を目安に

季節に関係なく給湯器は私たちの生活に欠かせないものとなっています。毎日使い続けると部品などが次第に劣化し不具合が出るようになってきます。一般的に給湯器の寿命は約10年と言われており、購入してから10年以上経過している場合は交換時期と考えて良いでしょう。設置してから10年近く経過した給湯器はお湯が出ない温度が一定しないなどの不具合が起こってきます。この場合は給湯器を取り付けた時の業者に連絡するかメーカーに相談してみましょう。ガス給湯器は点火した時に異臭がしたり小さな爆発音が続いたりする場合は危険ですから触らずに早急に修理を依頼しましょう。この場合は給湯器の寿命というよりは機器内部が故障している可能性もあります。また、寿命と関係なくお湯にならない、水がでないときはフィルターにゴミが溜まっていたり水道管が凍っているケースもあります。日頃からフィルターの掃除をこまめにすることもすぐに大切です。すぐに寿命だと判断せずにリモコンの表示画面などから判断して自分で対応しましょう。給湯器の故障に備えてメーカーは製造してから10年程度部品を保存しています。これ以上経過した古い給湯器は部品自体がない場合があり修理不可能となります。また、寿命を迎えている給湯器の部品を交換し修理すると費用の負担が大きくなることがありますから、業者に費用の見積もりを出して貰うことをお勧めします。工事する業者を選ぶときは費用面だけをみずに保証やアフターサービスが整っているか確認してみましょう。